1月31日(金)食品ロスの話 

給食献立

食品ロスとは、本来食べられるのに捨てられてしまう食品をいいます。日本の食品ロスの量は年間643万トン、日本人一人当たりが毎日、茶碗一杯分のご飯を捨てているのと同じ量になります。

給食でも食べ残しの量を調べています。学校によって違いますが、多い時は、一つの学校で1日に20kg位残ってくることもあります。もし、あなたがあと「ひとくち」食べてくれたら、こんなに多くの食べ残しは出ません。「もったいない」ですね。